考え方

やりたいことが見つからないだと?考えるんじゃなくて、とりあえず遊べ

やりたいことが見つからないだと?考えるんじゃなくて、とりあえず遊べ

道に迷っている子羊たちがよく言うこの言葉。

「やりたいことが見つからなくて・・・・」

ハッキリ言おう。

「やりたいことなんか考えていても見つかりません。見つけたいならとりあえず遊べ!」

この記事ではやりたいことが見つけられない人のためにやりたいことの見つける方法を紹介しています。

Taro
Taro
僕の経験からあみ出した方法です。

このやりたいことを見つける方法は仕事や趣味でも共通して自分がやりたいことを見つけることができます。

先に結論言っちゃうと「やりたいことを見つけるなら遊べ!」ってことです。

やりたいことが見つからない人は、何も考えず遊んだほうがいい

やりたいことが見つからない人は、何も考えず遊んだほうがいい

まずわかっておいたほうがいいのは、「考えてもやりたいことは見つからないぞ。」ってことです。

なぜなら、頭の中にやりたいことがあるならもうすでに見つかっているはずなんですよ。

見つかっていないと言うことは頭の中には答えがない。だから僕は遊びに行ったほうがいいって思ってます。

遊べば、体験ができるし、人にも出会える。

意味合いは行動することに近いですね。

とりあえず興味あることを思いつく限り片っ端から遊びでやってみたら「これ面白いじゃん!」って言うの見つかるかもしれないし。

遊ぶと人と出会うことが増えるので、その出会った人の影響で「面白そう。やってみたい」ってことが増えるかも。

だから遊びに行ったほうがいいんです。

 

考えてやりたいことが見つかったことなんて一度もない

ぶっちゃけ僕の経験から言うと、考えてやりたいことが見つかったことなんて一度もないですね。

学生の時、部活でバスケを選んだのも『兄の影響』と『スラムダンクの影響』だし。

世界一周行った時は世界中に行ったことある人の話を聞いてだし。

ブログを始めたのなんて、ツィッター見ててだし。

それでとりあえずやってみて面白かったから続いているだけですね。

もちろん、やってみて面白くなかったこともたくさんありますよ。

「面白くないことはどうすんの?」って?

そんなものはやらなきゃいいだけ。

物事ってなんでもそうだと思うのですが、やってみないと自分が面白いか面白くないかわからない。

だって映画の感想なんて見る人によって全然違うじゃん。
同じことをやっても誰かが面白くないと言っても自分は面白いかもしれないじゃん。

だから考えているだけではやりたいことは見つからないのです。

大学生の頃はやりたいことが見つけられず・・【原因は?】

実は大学生の頃はやりたいことが見つからず、日々モヤモヤしてた日を過ごしていました。

大学生活の4年間で自分のやりたいことが見つかるかと毎日考えていたのですが、結局見つからなかったです。

『なぜ見つからなかったのか?』

今になるとよくわかります。

なぜなら、僕は大学の講義とバイトだけしかやっていなかったからです!

大学とバイトと言う狭い世界の中の人や考えにしか触れていませんでした。

もし、大学とバイトの世界を少しでも広げていれば、やりたいことが見つかったかもしれません。

 

世界を広げるには『遊ぶ』のが一番

世界が狭いのに一人で考えていても、やりたいことは見つかりません。

じゃあ、世界を広げるにはどうすればいいのか?

それが『遊ぶ』です。

遊ぶのメリットは

  • 友達ができやすい。(人に出会える)
  • 楽しんでやれる。
  • 実際に体験できる。
  • 一人でできないが仲間とならできることもある。

とあります。

しかし、ただ遊んでいるだけでやりたいことって見つかるのか?

って思うでしょう。

マジで見つかります。

ただ一応アンテナは立てておいてください

「おっこれ面白そうだ」ってキャッチするアンテナです。

アンテナを立てておかないと面白いそうなものも見逃してしまいそうですし。

最初は気づかない心のワクワクも続けていればどんどん敏感になっていきますよ。

 

やりたいことが見つからないからって、結果をすぐ求めない

やりたいことが見つからないからって、結果をすぐ求めない

仕事だからと難しく考えないほうがいいです。

学生の時に部活を選んだことや服を選ぶのと同じだと思う。

例えば服装にしても、「雑誌に出ているかっこいい人がこんな感じだし、自分もこんな感じにしたい。」って思い、着てみる。
意外と似合ってなくて「違うな。」ってことがわかる。

次に自分に似合う服装を考えたり、街を歩いている人を参考にしたりして、自分がピンとくる服装が見つかっていく・・・

仕事も同じで、最初は誰かの影響だったりするので、まずは遊んで何気ないきっかけを掴んでみるのがいいです。

そうしていくと最初は関係ないことも徐々に自分のやりたいことにつながっていきます。

ここで注意点は『結果をすぐに求めない』ことです。

先ほどの服の例えで言うと、最初に参考にしてみた服装が自分に合っていなかったことです。

一発でやりたいことが見つかるわけではなく、紆余曲折してつながっていくことで見つかります。

大事なことは『遊んで世界をどんどん広げていくこと』です。

そうしていくことで、いつの間にかやりたいことに出会えますよ。

以上です!!