世界一住みやすい街バンクーバーのダウンタウンおすすめスポット5選

バンクーバーは「世界一住みやすい都市」に選ばれたこともあり、留学生やワーホリで来ている日本人も多いです。

日本人馴れしているのかわかりませんが、僕が道がわからなかった時も向こうから「なにか困ってる?」と言って話しかけてくれたほど優しいです。

今回は、そんな魅力あふれる「バンクーバーのダウンタウンおすすめスポット5選」を書きたいと思います!

①カナダ・プレイス(Canada Place)

出典 : viator

ここにはコンベンションセンター、パンパシフィックホテル(Pan Pacific Hotel)などがあります。
ウォーターフロント駅から徒歩5分の場所にある、船の停泊所とその周辺の建物のことです。バンクーバーのランドマークですね。

ここを見ていると港町に来たなって感じがします。

②ロブソン通り(Robson St.)

出典 : GoToVan

ロブソン通りはダウンタウンの中心に伸びるストリートで、バンクーバーで1番活気のある場所です。ファッションブランド、インテリアショップ、レストラン、カフェで賑わっています。
カナダの最先端のショップが並んでいる場所がロブソン通りです。

ホーンビー通り(Hornby St.)からジャービス通り(Jervis St.)にかけての4ブロックが最大の繁華街になっている。

③ガスタウン(Gas town )

レトロな街ガスタウン。バンクーバーのダウンタウン北東にあるガスタウンはレンガ造りの建物とレンガが敷き詰められた道路で、ダウンタウン中心地とは違った雰囲気を感じることができます。

ガスタウンのシンボルといえば蒸気時計。
「世界初の蒸気で動く時計」で15分ごとに蒸気で笛が鳴ります。

④スタンレーパーク

出典 : Jeff Gunn

この公園は1年を通して80万人ほどの観光客が訪れる。
世界で16番目、北アメリカでは6位に選ばれている。(すごいことなのかよくわからんな笑)
スタンレーパークはとても広くて、サイクリングやトレッキング、ピクニックができ、水族館やバラ園などもある公園です。

⑤チャイナタウン

出典 : Noël Zia Lee

チャイナタウンはどの国行ってもありますが、バンクーバーには約40万人の中国系カナダ人が住んでいおり、バンクーバーのチャイナタウンは北米第2位の規模を誇ります。ネットで検索するとあまり良いイメージではないページがよく出て来ます。治安はいい方ではないので、なるべく日中に行くのがオススメです。

まとめ

バンクーバーのダウンタウンは歩いてるだけでも全然楽しいです!
また自然もたくさんあり、秋になると紅葉も綺麗なので、時期を変えて行くのもいいかもですね!

ワーホリや留学でバンクーバーに行かれる人も多いと思うので、行かれた際にはぜひいろんなところに行ってみてください。

 

おわり!