Uber Eats

Uber Eats配達パートナーになるためには?登録方法や持ち物を解説!

自分の好きな時に働けるUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは副業にもぴったりで始めてみたい人も多いと思います。

「Uber Eats配達パートナーってどうやって始めるの?」

という疑問をお持ちの方のために、Uber Eats配達パートナーの登録方法を解説していきます。

この記事におすすめな人
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーになりたい方。
  • 登録に必要なものや登録の流れを知りたい方。
  • パートナーセンターの場所を知りたい方。

Uber Eats配達パートナーの登録条件

Uber Eats配達パートナーになるのに資格や履歴書は必要ありません。

ほとんどの方が始めることができますが、少しだけ条件があるので登録する前に確認お願いします。

ちなみに登録料はもちろんありませんのでご安心を。

Uber Eats配達パートナーの登録条件
  • 18際以上であること。
  • 自転車または原付バイクを準備
  • Uber Eatsの配達ができる都市かどうか確認
  • 必要書類を確認

18際以上であること

18歳以上であれば配達パートナーに登録することが可能です。

18歳になれば高校生でもできます。

また年齢の上限はないので、定年退職した人でも配達パートナーになることは可能です。
おじいちゃんでもロードバイクでバリバリ配達している人を見かけます。

 

自転車または原付バイクを準備

配達パートナーは基本的に自転車または125CC以下のバイクで配達するので、どちらかを準備する必要があります。

自転車はママチャリや折りたたみ自転車、クロスバイク、ロードバイク、電動自転車など、どれでも大丈夫です。

おすすめはクロスバイクやロードバイク、電動自転車です。
スピードも出るし、ママチャリや折りたたみ自転車に比べるとこぐのが楽なので。

バイクは125CC以下のバイクだったら基本的に種類はなんでも大丈夫です。

もし、両方持っていないという方は東京、大阪、横浜ならレンタル自転車・レンタルバイクをUber Eatsが登録会で紹介してくださります。
使い放題でレンタル自転車が月額4,000円ほどでレンタルバイクは月額16,000円ほどで借りることができます。

詳しくはUber Eatsの係員さんに聞いてみてください。

 

Uber Eatsの配達ができる都市かどうかを確認

Uber Eatsの配達は東京・横浜・川崎・埼玉・千葉・大阪・京都・神戸・名古屋・福岡で配達可能です。

ここ以外の地域で配達パートナーをすることはできませんので、登録する前に確認しておきましょう。

必要書類を確認

配達パートナーに登録するのに以下の書類が必要になります。

【自転車】

  1. 身分証明書
  2. 顔写真(Webで撮ります。)
  3. 外国籍の方はパスポートまたは在留カード

バイクはさらに追加書類がいくつか必要になってきます。

【バイク】

  1. 身分証明書
  2. 顔写真(Webで撮ります。)
  3. 外国籍の方はパスポートまたは在留カード
  4. 運転免許証
  5. 自賠責保険証書 (原付バイクをご利用の場合)
    →自賠責保険証書には車両のナンバーが記載されている必要があります。記載のない場合には保険会社に追記をご依頼ください。

身分証明証は、

  • 免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード
  • 小型船舶操縦免許証
  • 学生証と健康保険証(学生のみ)

このうちどれかがあれば大丈夫です。

Uber Eats配達パートナーの登録方法

Uber Eats配達パートナーの登録は簡単です。

大きく分けると2つの行程だけです。

  1. Webでアカウントを登録する。
  2. パートナーセンターで登録して説明を受ける。

Web登録

まずWeb登録から順に説明していきます。

もし「この記入の仕方でいいのかな?」って不安でも問題ありません。
Uber Eatsパートナーセンターでの登録の時に間違ってるところはスタッフが直してくれるので安心です。

①必要事項の記入

まずはこちらのUber Eatsのページにアクセスしていただいて、メールアドレスを記入します。

ウーバーWeb登録

『次へ』を押すと、『名前』『電話』『パスワード』『配達する都市』を記入します。

記入はローマ字でも日本語でもどちらでも大丈夫です。

パスワードはログインするときに必要になりますので、好きなパスワードで問題ありません。

②配達車両の選択

次は配達車両の選択です。

『Delivery with scooter』が125CC以下のバイクで、『Delivery with bicycle』が自転車です。

③顔写真と必要書類をアップロード

配達車両によって必要書類のアップロードが変わってきます。

【自転車】

  1. 身分証明書
  2. 顔写真
  3. 外国籍の方はパスポートまたは在留カード

【バイク】

  1. 身分証明書
  2. 顔写真
  3. 外国籍の方はパスポートまたは在留カード
  4. 運転免許証
  5. 自賠責保険証書 (原付バイクをご利用の場合)
    →自賠責保険証書には車両のナンバーが記載されている必要があります。記載のない場合には保険会社に追記をご依頼ください。

これでWeb登録は完了となります。

最後にUber Eatsのドライバーアプリをダウンロードして終わりです。

パートナーセンターに登録しに行く

Web登録が終われば、次はパートナーセンターに登録しにいきます。

事前予約は不要ですので、自分の都合の良い時に言っても大丈夫です。

必要な持ち物

  • 身分証明証
  • 銀行のキャッシュカード(報酬振込先の登録のため)
  • スマホ
  • 在留カード(外国籍の方のみ)

登録の流れ

パートナーセンターの登録ですることはWeb登録でしたアカウントの登録に不備はないかの確認と銀行口座の登録です。

もし、不備があればその場で修正してくれるので大丈夫です。

あとはUber Eats配達パートナーに関する注意事項や説明がされ、最後に配達バックをもらって終了です。
バックをもらった時点から配達を開始することができます。

配達バックはパートナーセンターに在庫がない場合があるので、後日配送で家に届くケースもあります。

パートナーセンターでの登録にかかる時間は約30〜40分ほどです。

初めての配達は不安ですよね。そこで配達の流れを初配達の方向けにまとめました。
参考にしてみてください。

Uber Eatsの初配達の人のために配達の流れをわかりやすく解説!Uber Eatsの配達パートナーの登録をすませて、いざ配達に向かおうと思っても少し不安ですよね。そこで、初配達の人向けに配達の流れをわかりやすくまとめたので、解説していきます。2,000回以上配達してる僕の実際に起きた困ったことの対処方法などもまとめたので良ければ参考にしてみてください。...

Uber Eatsの配達用バックについて

パートナーセンターでの登録が終わると配達用のバックが支給されます。

この配達用のバックが支給された時点からUber Eatsの配達を始めることができます。なのでパートナーセンターを出た瞬間から開始することも可能です。

基本的にはその場で渡されて持ち帰るのですが、配達用バックの在庫がない時は後日、自宅に届くので、その場合は配達用バックが届くまでは配達はおあずけです。

あと注意点としてはUber Eatsの配達用バックは無料ですが、4,000円のデポジットが必要になってきます。
このデポジットは登録会のときに渡すのではなく、配達開始してからの4週間に渡って1週間に1,000円ずつ引かれていきます。
もちろんデポジットなので、Uber Eatsのバックを返却した時には4,000円も返金されますのでご安心を。

銀行登録について

Uber Eatsの報酬を振り込んでもらう銀行の登録ですが、パートナーセンターでの登録の時でもできますし、Webから自分で登録することも可能です。

自分でWebで銀行登録したとしても不備があると面倒なので、パートナーセンターに行くときに一応キャッシュカード持っていった方が良いでしょう。

あと注意点としては、海外送金ができない銀行は登録できないということです。

Uber Eatsの報酬は海外からの送金になります。
そのため、ゆうちょ、ネット銀行、信用金庫などの口座は登録できない場合があります。

またみずほ銀行はおすすめできません。
海外送金の場合は入金のたびに電話がかかってきて面倒みたいです。

Uber Eats側では三菱東京UFJ銀行を推奨しています。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

Uber Eatsのパートナーセンター登録会場

全国のパートナーセンターの住所と営業時間をまとめておくので、自分の地域のパートナーセンターに登録しに行く時に参考にしてください。

東日本エリアのパートナーセンター

大門パートナーセンター
  • 住所:東京都港区芝公園2-4-1 芝パークビル1F
  • 最寄駅:大門駅より徒歩4分
  • 営業時間:月〜日(祝日含む)12:00〜19:00
秋葉原パートナーセンター
  • 住所:東京都千代田区神田須田町2-1-1 ザ・パークレックス神田須田町 4F
  • 最寄駅:秋葉原駅より徒歩5分、神田駅より徒歩5分、淡路町駅より徒歩4分、岩本町駅より徒歩4分
  • 営業時間:月〜日(祝日含む)12:00〜19:00
新宿パートナーセンター
  • 住所:東京都新宿区西新宿7-9-16 西新宿メトロビル 3F
  • 最寄駅:新宿駅より徒歩7分
  • 営業時間:月〜土(祝日含む)12:00〜19:00
横浜パートナーセンター
  • 住所:横浜市中区弁天通4-53-2 DOMONビル4階A
  • 最寄駅:馬車道駅より徒歩4分、関内駅より徒歩7分
  • 営業日:月・水・土(祝日含む): 12:00〜19:00

西日本エリアのパートナーセンター

大阪パートナーセンター
  • 住所:大阪市中央区伏見町4-2-14 Wakita 藤村御堂筋ビル1F
  • 最寄駅:淀屋橋駅13番出口から徒歩1分
  • 営業時間:月〜日 12:00〜19:00
京都パートナーセンター
  • 住所:京都市下京区大坂町383-6 MILLEY烏丸五条ビル2F
  • 最寄駅:五条駅から徒歩1分
  • 営業時間:火〜土 12:00〜19:00
神戸パートナーセンター
  • 住所:神戸市中央区元町通2丁目3番2号 ジェムビル2F C-1 JEC日本研修センター 神戸元町
  • 最寄駅:JR・阪神元町駅から徒歩3分
  • 営業時間:木〜土 12:00〜19:00
名古屋パートナーセンター
  • 住所:名古屋市中区錦2-16-5 セントレイクレノン錦 4階
  • 最寄駅:伏見駅から徒歩1分
  • 営業時間:月〜火、木〜土 12:00〜19:00
福岡パートナーセンター
  • 住所:福岡市中央区天神1-10-13 天神MMTビル6F TKP天神カンファレンスセンター
  • 最寄駅:天神駅から徒歩1分
  • 営業時間:月〜火、木〜土 12:00〜19:00

Uber Eats配達パートナーの登録まとめ

まずは登録条件の確認です。

  • 18際以上であること。
  • 自転車または原付バイクを準備。
  • Uber Eatsができる都市かどうか確認。
  • 必要書類を確認。

次に、登録の流れです。

  1. Webでアカウントを登録する。(Uber Eats
  2. パートナーセンターで登録して説明を受ける。

最後に配達用バックを渡されて、Uber Eats配達パートナーを始めることができます。

配達パートナーは好きな時間に働けて、上司もいないし、誰でも始めることができる仕事です。

社会人の休みの日や仕事が早く終わって時間がある時に、お小遣い稼ぎにするのもいいし、学生の長期休みのときだけがっつり働くのもいいし。

自分の自由に働くことができます。

報酬はというと稼げる可能性は十分あります。
稼働する場所や時間で報酬は変わるので個人差があります。

詳しくはこちらでまとめたので興味ある方はチェックしてみてください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達は稼げる?稼げない?経験者が答えます!最近、街中に行くと走っているウーバーイーツ配達員。僕は始めて1年の経験者ですが、よく周りの人に「稼げるの?」って質問されます。あまりにもよく聞かれるので、ウーバーイーツは稼げるのか?稼げないのか?を体験談含めて答えていきます。...