ガンダムシリーズ

ニュータイプとは何かわからない?ガンダム大好きな私が解説しよう!

ガンダムシリーズを見てれば、誰もが必ず一度は思うでしょう。

「ニュータイプって何?」

ガンダム作品の中でもニュータイプはこうだ!という結論づけるような話も出てきません。

ニュータイプって言葉はガンダムの中でもなんども出てくるのですが、結局のところ何かわかりません。

そこで、ニュータイプとは何か?について四六時中、ガンダムのことばかり考えているガンダム大好きな私が解説します。

ニュータイプとは?

ニュータイプは「新しい人類」とされる人間を指していますが、ガンダムシリーズの作品が広がっていくにつれて、解釈が変わっていて、はっきりとした定義が難しくなっています。

簡単にまとめると「宇宙に出たことにより、新しい感覚や能力が生まれた進化した人類」です。

エスパーのような超能力をもった人物として描かれてることが多く、直観力が鋭く、空間把握能力や認識力などの拡大、テレパシー、死者との会話といった能力があります。

代表的な人物で言えば、アムロやシャア、ララァ、カミーユなどがいます。

 

ジオン・ズム・ダイクンのニュータイプ論

作中で、もともとニュータイプ論を提唱したのは、ジオン・ズム・ダイクンでした。

彼は、「地球を巣立った人類が、宇宙環境に適応するために進化した存在」という概念を唱えています。

宇宙という新しい環境が人に新たな変革を要求する時、猿から人への変革を第一の人類のルネッサンス、封建から中世の文明を得た人類を第二の人類のルネッサンス、宇宙を得た新しい人(ニュータイプ)が第三のルネッサンスである

このように演説しています。

地球から宇宙に人類が出たことにより、ニュータイプと呼ばれる「新しい人類」が生まれてくるというのがダイクンの考えです。

またダイクンは「宇宙という過酷な環境で認識能力を拡大し慈愛に満ちた精神を得た人類」とニュータイプのことを言っていましたが、戦争の中でニュータイプの存在が発見されたといったこともあり、戦争の兵器として使われることになってしまいます。

 

富野由悠季のニュータイプ

ガンダムシリーズの生みの親である富野由悠季さんは、ニュータイプとはどういうものと考えているのでしょうか?

ニュータイプについて最初から明確な答えをもっていたのではなくて、

戦闘の素人である筈のアムロが、いきなりモビルスーツを操縦して超人的な活躍ができることの言い訳でしかなかった」

と言っています。

もともとニュータイプと何かという哲学のような答えを用意していなかったため、「機動戦士ガンダム」では、ニュータイプについて抽象的で曖昧な描写が多く、はっきりとした答えはなく終わっていきます。
(富野由悠季さんは逃げ切ったと思ったらしい!)

しかし、逆にはっきりとした答えがなかったことがファンの間で、「ニュータイプとは一体なんだったのだろうか?」という議論や考察がおこなわれ、ニュータイプ論は盛り上がっていきます。

「機動戦士Zガンダム」が始まると、逃げ切ったニュータイプについて考えないといけなくなったので、「ニュータイプは失敗だった。」と富野由悠季さんは語っています。

長年考えた最終的な答えとして、新訳Ζ(機動戦士Zガンダム)において、

「真のニュータイプとは、今までのニュータイプ論で描いた精神的な共感に加えて肉体的な体感を持ち、それらを隣人を大事にするために活かすことができる人である。」

という結論を描き、新訳Ζにおけるカミーユ・ビダンこそ究極的なニュータイプであると発言しています。

 

ニュータイプの能力

ニュータイプは「宇宙に出たことにより、新しい感覚や能力が生まれた進化した人類」として、特異な能力をもっています。

サイコウェーブと呼ばれる独特の脳波をもっていて、それにより様々なことができるようになっています。

作中でニュータイプがおこなった能力についていくつかまとめてみます。

  • 直感力が高く、相手のいる場所がわかったり、味方のピンチなどに気づくことができるなどできます。
  • テレパシーのようなもので会話ができます。共感、共有力が強いです。
  • サイコミュ搭載の兵器を使用できる。
    ビットやファンネルといった遠隔操作して攻撃することができます。
  • パワーダウンしたガンダムを再び動かしたり、ビームサーベルを巨大化したり、バリアをはって相手の攻撃を無効化することが可能です。
  • 地球に落ちる軌道にあるアクシズをそらします。
  • ガンダムを呼び寄せることができます。
  • 死者と会話することができます。
  • 時を超えることができます。

といった感じでしょうか。

もっと細かくみていけば、もっとありますが・・・

まとめてみるとニュータイプの能力ってかなりすごいですね。

 

ニュータイプのわからないところを解説

はっきりとした定義がなく、ニュータイプのわからないところはいくつかあると思います。

ガンダムシリーズの中でも、作品によってニュータイプ論が変わってくるので当然です。

  1. 強化人間はニュータイプとは違うのか?
  2. ニュータイプの能力が強ければ、パイロットの能力も強い?
  3. 最強のニュータイプは誰?

この3つを中心に解説していきます。

解説①:強化人間はニュータイプと違うの?違いは何?

結論言うと、強化人間は「人工的なニュータイプ」です。

サイコウェーブと呼ばれる脳波を感じ取れるようにすれば普通の人間もニュータイプのようになれます。

それを感じ取れるようにするために、肉体改造や投薬、精神調整をおこない、後天的にニュータイプ同じ能力を持つ兵士をつくった、というのが強化人間です。

そのため、精神的に不安定によくなります。

ZZガンダムではマシュマーは強化しすぎて、終盤で爆発してましたね。

また、もともとあったニュータイプの能力をさらに強くするような技術もあります。

ニュータイプと強化人間は能力的にはさほど違いはありませんし、お互い共鳴もすることができます。

 

解説②:ニュータイプの能力が高ければ、パイロットとしても能力が高い?

ニュータイプである人物はモビルスーツをすぐ操縦することができたり、特異な能力から敵の気配を察知したりするなどして、多くのニュータイプはパイロットとしても能力が高そうです。

しかし、ニュータイプの能力が高いとパイロットとしても能力が高いのかというと必ずしもそうではありません。

例えば、シャアはニュータイプの能力はそこまで高くはないですが、(シロッコにニュータイプの出来損ないって言われている。)パイロットとしての能力はとても高いです。

逆に、ニュータイプだけどオールドタイプにやられている人もけっこう多いです。

ニュータイプとはパイロットとしての特性ではなくて、「宇宙に出たことにより、新しい感覚や能力が生まれた進化した人類」のことで、戦争の技術ってわけではないのです。

ニュータイプの能力が高ければパイロットとしても一流とはならないのです。

まあ、それでもニュータイプの能力が高いとモビルスーツを操作するうえでは有利な気はしますが・・・

 

解説③:最強(ニュータイプ能力が高い人)のニュータイプとは誰?

ファンの中では幾度となく議論され続けている疑問ですね。

答えも人によってそれぞれです。

富野由悠季さんはカミーユ・ビダンが真のニュータイプと言っていますし、他サイトではララァ、バナージ、たまにジュドーといった名前が挙がっています。

ララァはあのアムロとシャアをニュータイプとして導いた人物で、ガンダムを見ていても完全に不思議な能力をもっています。

バナージは「ニュータイプの完成形」として一瞬どこかにいってしまうという、どのニュータイプもいったことのない領域に到達します。

様々な意見がある中で僕の最強のニュータイプは誰なのかというと、

やっぱりアムロです。

アムロはサイコミュ搭載のないガンダムであれだけのニュータイプの能力を開花させてます。
ララァと共感しあったり、ガンダムをすぐに操縦するなど、感覚的にも優れた部分は高いです。

逆襲のシャアになると29歳になり、精神的にも成長しています。
能力的にはカミーユのが高いのかもしれませんが、カミーユは精神崩壊しちゃってますので・・

精神的にも成長し、最後にはアクシズ・ショックというアクシズを地球からそらすという能力を発揮します。

アムロが1番のニュータイプではないかと思います。

 

ニュータイプとは?まとめ

ニュータイプを簡単に言うと「宇宙に出たことにより、新しい感覚や能力が生まれた進化した人類」です。

ニュータイプの気になるわからない点の解説としては、

  1. 強化人間はニュータイプとは違うのか? → 人工的なニュータイプなのでほぼ同じ。
  2. ニュータイプの能力が強ければ、パイロットの能力も強い? → 必ずしもそうではない。
  3. 最強のニュータイプは誰? → アムロ

ニュータイプのことについてまとめましたが、今だにはっきりとした答えは出されていません。

逆に「そのニュータイプとは何か?」と考察していくことがガンダムを盛り上げる要因の一つになったのではないかと思います。

これから「UC Next 100」のプロジェクトとして、富野由悠季さんのニュータイプの延長を福井晴敏さんが描かれていくので、そのニュータイプ論も必見になります。

 

 

 

 

RELATED POST