旅ブログ

ニューヨーク行ったらどこに行く?僕の行った観光場所!

カナダの次はアメリカに入国です!
実はアメリカは4回目なんです。いつもはロサンゼルスやラスベガスなどの西海岸側ばかり行ってました。今回は憧れのニューヨークに初めて行きます!
いやー、楽しみだなー!

映画好きの僕にはやっぱりニューヨークに行くことはワクワクする。
映画でもよく出てくる場所だからだ。生で見たら興奮してしましいそうだ。

僕がニューヨークで訪れた場所は、主に5つです!

ニューヨークは他にもたくさん見所あるので、いろいろ調べてみるとおもしろいですよー!

 

タイムズスクエア

まずは、タイムズスクエアに行ってみることに。
ベタだけど、1番行って見たかったのは、タイムズスクエア。なぜなら、アメリカ行く前に見た映画「アメイジングスパイダーマン2』でスパイダーマンがエレクトロと最初に戦うシーンがタイムズスクエアなのだ!
他にもいろんな映画で出てくるし、観光地としてはあまりにも有名なので、是非とも行ってみたい。
これがタイムズスクエア。

人メッッチャ多いし、なんか盛り上がってる。

タイムズスクエアにあるこの「赤い階段」。
ここからタイムズスクエアを一望できます。写真映えも最高です。

「あー。ここでスパイダーマンは戦ったんだ。」と想いに馳せる僕。

感無量。

この赤い階段の裏にはブロードウェイのチケット販売所があるので、見たい方は是非とも見てください。

セントラルパーク

Photo by t-mizo

ニューヨークにある公園。広さがなんと南北4キロ、東西0,8キロの広さがある。ここもまさに、「映画でよくみる場所」である。あとは、僕の勝手なイメージだが、セレブが犬連れて散歩してたり、ランニングしてるイメージがある。

セントラルパークでは、様々な人がいて、楽器の演奏してる人などもいて、賑やかだった。ウォーキングツアーやレンタサイクルで公園内を周ることもできる。公園内にはベルヴェデーレ城やアメリカ自然史博物館もあり、見所もたくさんある。

僕は近くのお店で、サンドウィッチとコーヒーをテイクアウトして、公園で座って食べました。公園内にいると大都会ニューヨークにいると思えないほど憩いの場になってます。公園から見えるビルがなんか違和感でした笑

ウォールストリート

ウォールストリート(ウォール街)は映画や雑誌でも有名で、来たことある人も多いと思います。そう!ニューヨークの金融の中心地です!世界経済の中心といってもいいぐらい。そんなウォールストリートを観光してきました。

まずは、ニューヨーク証券取引所。

世界一上場の審査が厳しいと言われるニューヨーク証券取引所。現在では、日本の会社は11社しか上場していない狭き門。
そんなニューヨーク証券取引所は、外見からして雰囲気ありありでした。

次は、チャージング・ブル。

大きな雄牛の銅像がウォール街にはあります。それが「チャージング・ブル」。株式大暴落を受けて、元気付けるために作られた。株価を上昇させる願いが込められている。

最初見たとき、「なぜここに牛が・・」って感じだった笑
みんな写真撮ってるし、俺も撮っとこってぐらいで、あとで調べてからチャージング・ブルってことがわかった笑

旅してる時は何かわからないけど、とりあえず撮っておこうってことあるよね笑

自由の女神

アメリカといえば、自由の女神とすぐ思い浮かぶぐらい有名ですよね。
自由の女神は、アメリカ独立100周年を祝ってフランスから寄贈された像です。右手に掲げてるたいまつは「希望」をあらわし、左手に持っている独立宣言書は「独立」をあらわしています。また、冠には7つの突起があり、世界の7つの海と7つの大陸にも自由がひろがるようにという想いが込められているそうです。

自由の女神がある場所はリバティ島で、フェリーで行くことができます。僕は自由の女神が見れれば、もう満足なので、無料フェリーでフェリーから見ました。
スタテンアイランドフェリーは、無料なので、チケットは不要です。そのまま入れます。24時間運行で、週末や通勤時間帯以外は30分に1本の間隔で運行されています。

フェリーから眺める自由の女神で満足です。
興味ある方は自由の女神の中も入れるみたいなので、是非どうぞ。

ブルックリン・ブリッジ

マンハッタンとブルックリンを結ぶ橋。
この橋もよく映画で出てくるので、めっちゃ楽しみにしてた!!先ほどもでた「アメイジング・スパイダーマン2」でも出てました!橋に『I LOVE YOU」ってクモの糸で書いてましたね!!

感無量・・・

観光客も多いですが、ランニングしている人や散歩してる人、通勤している人などニューヨーカーもたくさん歩いているので、ニューヨーカーの普段も垣間見れると思います。

 

僕のニューヨークはこれでおしまいだけど、ニューヨークはまだまだ見所もたくさんあります。

おわり!