MARVEL(マーベル)

マーベル映画アベンジャーズのメインヴィラン(敵キャラ)をまとめて紹介!

MCU作品『アベンジャーズ』のメインヴィランをまとめました。

簡単な紹介もしています。

「こいつ誰だっけ?」って思ったときでも当記事を読んでみてください。

また、アベンジャーズを見る前の予備知識や作品の時系列順などもまとめてあるので気になった方は読んでみてください。

アベンジャーズを見る前の予備知識!

アベンジャーズの公開順と時系列順をまとめ解説!

アベンジャーズのメンバー紹介&能力解説

MCU作品一覧

【フェイズ1】

  • 『アイアンマン』(2008年)
  • 『インクレディブル・ハルク』(2008年)
  • 『アイアンマン2』(2010年)
  • 『マイティ・ソー』(2011年)
  • 『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年)
  • 『アベンジャーズ』(2012年)

【フェイズ2】

  • 『アイアンマン3』(2013年)
  • 『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013年)
  • 『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014年)
  • 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014年)
  • 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)
  • 『アントマン』(2015年)

【フェイズ3】

  • 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年)
  • 『ドクター・ストレンジ』(2016年)
  • 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017年)
  • 『スパイダーマン:ホームカミング』(2017年)
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017年)
  • 『ブラックパンサー』(2018年)
  • 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018年)
  • 『アントマン&ワスプ』(2018年)
  • 『キャプテン・マーベル』(2019年3月8日)
  • 『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年4月26日)
  • 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019年6月28日)

まずはMCU作品の一覧です。

それぞれの作品のヴィランをフェイズ1から順に紹介していきます。

 

アイアンマン:「アイアンモンガー」

アイアンマンのヴィラン。

トニーの父・ハワードの親友のオバディア・オビー・ステインがアイアンモンガーに乗り込みます。

テン・リングスというテロ組織にスターク・インダストリーの兵器を横流ししていました黒幕です。

マーク1をもとにアイアンモンガーを作ったにで、けっこうゴツいです。

最終的には、爆発で死亡。

 

インクレディブル・ハルク:アボミネーション

ハルクのヴィランです。

海兵隊に所属している精鋭部隊の兵士のエミル・ブロンスキーが超人血清とブルーズ(ハルク)の血液を培養した血液サンプルを投与して、アボミネーションになりました。

ハルクに鎖で締め上げられて敗北するが、『エージェントオブシールド』のシーズン1の13話でアボミネーションをS.H.I.E.L.D.に施設で収容していることが判明します。

エージェントオブシールドはアベンジャーズのスピンオフドラマとなっていますので、マーベル映画好きにはオススメのドラマです。
こちらでエージェントオブシールドについてまとめていますので、興味あれば読んでみてください。

エージェントオブシールドが面白いのでネタバレなしで魅力を語る!アベンジャーズ映画のスピンオフドラマであるエージェントオブシールドを何気なく見たら、予想以上に面白すぎました。そこで、このおもしろい魅力をネタバレなしでみなさんに伝えていこうと決心しました。...

 

アイアンマン2:ウィップラッシュ

アイアンマン2のヴィラン。

ロシアの物理学者のイワン・ヴァンコで、父親からトニーの父・ハワード・スタークへの怨念を自分の父親から聞かされて育ちます。
そのため、スタークに恨みがあり、トニーに復讐しようとウィップラッシュを製作し、襲撃します。

最終的には自爆装置で爆破して死亡。

 

マイティ・ソー:ロキ

ソーの義弟。
実はオーディンが拾ってきたヨトゥンヘイムの長であるラウフェイの息子です。

ソーへの嫉妬のため、アスガルドの戴冠式が中止になるように画策したり、地球に落ちたソーを抹殺しようとデストロイヤーを送り込んだりします。

人を騙したり、操ったりするのが得意なヴィランです。

最終的にはアスガルドから去ることになります。

 

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー:レッド・スカル

ヒドラの創設者のヨハン・シュミットが、超人血清を投与され首から上の皮膚がハゲて赤くなり、赤いドクロのようになりました。

そのためレッド・スカルという名前です。

キャプテン・アメリカにやられて死んだと思われていましたが、実は地球外に転送されて惑星ヴォーミアにたどり着き、ストーンキーパーとなります。
(アベンジャーズ/インフィニティウォーで再登場します。)

 

アベンジャーズ:ロキ

『マイティ・ソー』でアスガルドを離れ、放浪の果てに出会ったのはチタウリのリーダーであるジ・アザーと手を組むことになります。

ソーへの復讐とアスガルドの王座の奪還で四次元キューブを奪取して地球侵攻を企みます。

最終的にはロキは降参し、ソーとともにアスガルドへ連れて帰られます。

ちなみにチタウリのリーダーのジ・アザーはサノスの忠実な側近で、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』でロナンに殺されます。

 

アイアンマン3:アルドリッチ・キリアン

A.I.Mの創設者で社長のアルドリッチ・キリアンは、1999年の大晦日にトニーに約束を反故されたことを根に持ち、復讐心を持っています。

投与したエクストリミスの効果で、腕を切断されても再生したり、手刀でトニーのアーマーを切断したり、口から火炎を吐いたりすることができます。

最終的には、エクストリミスを投与されたペッパーにやられて死亡。

 

マイティ・ソー/ダーク・ワールド:マレキス

スヴァルトアールヴヘイムのダーク・エルフの支配者。

インフィニティストーンの一つのエーテルを体内に取り込み、操る事ができます。

エーテルを身体に宿したジェーンからエーテルを奪還しようとして、アスガルドに侵攻します。

最終的に、ソーと戦い戦艦の下敷きになり死亡。

 

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー:ウィンターソルジャー

諜報の世界で伝説とされる暗殺者。

その正体は、ヒドラによって洗脳され記憶を失って、肉体を強化されたスティーブの親友のバッキーバーンズでした。
普段は冷凍保存されていて、任務の時だけ解放されるので、戦時中と変わらない姿をしています。

左腕は金属の義手“サイバネティック・アーム”が移植されていて、スティーブと互角の格闘能力も持ち合わせています。

今では記憶は戻り、ワカンダに身を潜ませ、スティーブに協力しています。

 

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ロナン

クリー人。

サノスと結託し、インフィニティストーンの一つであるオーブを入手しようとします。

オーブを入手するとサノスを裏切り、自分の野望を達成しようとしザンダーを滅ぼそうとします。

最終的に、ガーディアンズやラヴェンジャーズやノバ軍の反撃を受け、ピーター・クイルにストーンを奪われ、ストーンのエネルギー波で死亡。

 

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン:ウルトロン

セプターを元にトニーに作られた人工知能。

「平和をもたらす」という指示の結果、「アベンジャーズを滅ぼし、人類も滅ぼせば環境破壊も戦争も起こらない。」として、アベンジャーズの前に現れ宣戦布告します。

ウルトロン軍団を作り、ソコヴィアの街を浮上させ、隕石として落とそうとしますが、アベンジャーズにウルトロン軍団が全滅させられ野望「は阻止されます。

 

アントマン:イエロージャケット

ハンクピム博士の元弟子のダレン・クロスです。

アントマンのスーツをマネてイエロージャケットを作ります。

アントマンとの戦いの末に、イエロージャケットを破壊され消滅します。

映画アントマンを見た感想と見所!おもしろいのか?つまらないのか?アントマンは「アベンジャーズ/シビルウォー」にも登場し、シリーズ第2弾の「アントマン&ワスプ」も公開され、次は「アベンジャーズ/エンドゲ...

 

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ:アベンジャーズ分裂

シビル・ウォーではメインヴィランってほどのキャラはいません。

アベンジャーズが分裂して、その戦いがメインとなっています。
ラストにはアイアンマンvsキャプテン・アメリカとウィンターソルジャーです。

 

ドクター・ストレンジ:カエシリウス

エンシェント・ワンに弟子入りし、マスターになるが、暗黒次元に魅了され、離反します。

暗黒次元の王であるドルマムゥを呼び出しますが、ストレンジの活躍により阻止されます。
最終的に、ドルマムゥにによって暗黒次元に吸い込まれる末路をたどります。

 

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス:エゴ

クイルの父親で宇宙の誕生から生き続けてきた天界人。

正体は惑星そのもので、惑星の中心に本体があります。

エゴの目的は「宇宙全体を飲み込むこと」で、そのために自分の息子であるクイルの力が必要でした。しかし、クイルの母の死の原因がエゴにあるとして、クイルが協力を拒否。

そのためガーディアンズたちを殺そうとしますが、最終的にグルートが仕掛けた爆弾によって死亡。