マンガ

おすすめマンガ「からくりサーカス」がおもしろい!感想と見所を紹介!

「からくりサーカス」のアニメをAmazon Primeで見ていて、相変わらずのアツいマンガだと再認識しました。

「うしおととら」もそうなんですが、藤田和日郎さんのマンガは情熱的でまっすぐな人物が多くて好きです。

今回はおすすめマンガ「からくりサーカス」がおもしろいので、感想と見所を紹介します。

少しネタバレしているので、注意してください。

からくりサーカスとは?

少年サンデーで連載されていて、単行本は全43巻です。

2018年からTVアニメが放送され、現在(2019年)放送中です。

作者は「うしおととら」を書いた藤田和日郎さんです。
藤田和日郎さんの作品はアツイ漫画が多くて、登場人物の言葉や行動が胸打たれます!
「うしおととら」でデビューして、2作目にこの「からくりサーカス」を連載しました。

他の作品では「月光条例」「双亡亭壊すべし」などがあります。

からくりサーカスは、莫大な遺産を相続した才賀勝と勝を守る人形使いの美女・しろがね(エレオノール)と中国拳法を使う加藤鳴海という3人を中心に物語が進んでいきます。

物語は200年前のある事件を発端として、数多くの人と混じり合い、世界を救っていく壮大な長編ストーリーです。

マリオネットを使ったバトル・アクションで、「うしおととら」と違って恋愛要素が盛り込まれています。

からくりサーカスのあらすじ

小学5年生の才賀勝(さいがまさる)は父親の事故死によって莫大な遺産を相続したことをきっかけに命を狙われていた。 そんな折、青年 加藤鳴海(かとうなるみ)は偶然にも勝と出会い、手を差し伸べることを決意する。しかし、勝を追ってきたのは人間ではなく高い戦闘能力を持つ人形使い達であった。 窮地に陥った二人は突如姿を現した懸糸傀儡(マリオネット)を操る銀髪の少女しろがねに助けられる。 こうして、日本で出会ったこの3人は数奇な運命の歯車に巻き込まれていく── ©藤田和日郎・小学館/ツインエンジン

 

才賀勝、しろがね(エレオノール)、加藤鳴海この3人はどんどん成長していきます。

特に才賀勝の成長がすごいです。
最初の頃の顔と最後の方の顔は全然違います。作者の書き方が変わったわけではなくて、別人と言っていいほど成長していくのです。

あらすじが「章」ごとに区切られている

ストーリーは章ごとで区切られています。

プロローグの勝編では勝が遺産相続で命を狙われているという話だが、話が進むごとにとても大きな話になっていく。

しかし、あとあと伏線なども回収されていくので、話がまとまっていくのが絶賛されています。

  1. 勝編(プロローグ)
  2. サーカス編
  3. からくり編
  4. からくりサーカス編(本編)
  5. 機械仕掛けの神(デウス・エクス・マキナ)編

勝編が終わってからは、才賀勝が中心の物語と加藤鳴海が中心の物語とに分かれています。

ゴールは同じで、最後には一つになっていきます。

勝は鳴海が死んだと思っているので、どこで2人が出会うのかも楽しみなポイントです。

 

感想と見所1:からくり人形 VS 自動人形(オートマータ)

マンガからくりサーカスのエレオノールとあるるかん出典 : 漫画の虎

バトル・アクションのマンガは数多くありますが、マリオネット(からくり人形)とオートマータ(自動人形)のバトルを描くマンガは他にはないのではないでしょうか。

斬新ですよね!

他にからくり人形を使ったバトルがあるとすれば「NARUTO」のカンクロウぐらいしか思いつきません。

からくり人形にもいろんなタイプがあって、「あるるかん」のようなノーマルな感じのもあれば、「オリンピア」や「ジャック・オー・ランターン」のように空を飛べるものもあります。「グリモルディ」は戦車みたいに走りますしね。

グリモルディ好きだったのに、エレベータに突っ込んで終わりました。

また作画も細かくて、リアリティがあります。

戦闘中に攻撃を受けて、飛び散る破片など細かい描写がしっかり描かれています。

 

感想と見所2:「愛」を学べるマンガなんです!


からくりサーカスは「愛」をテーマに描いているところがあります。

そもそもこの物語の一連の事件のきっかけも恋愛からですし。
兄弟が1人の女性を好きになるところに発端はあるのですが、それがしろがねとオートマータというものになって何年も過ぎても続いていくのです。

「ゾナハ病」という病気を世界でバラまいたり、オートマータを作ったり、全ては1人の女性を手に入れるため。

「愛」の恐ろしさ、素晴らしさ、強さなどがこのマンガを通して学べます。

 

感想と見所3:登場人物一人一人にドラマがある!


主人公である勝・鳴海・エレオノールには、とてつもない運命が待ち受けています。
仲間の死や数多くの戦い、多くの人との出会いによって物語中に成長していきます。

おもしろいところは、この3人だけではなく、数多くの登場人物たちにもドラマがあることです。

「しろがね」はアクア・ウイタエを飲んで、オートマータを壊す運命にしばられるというように、登場人物の多くの人が「人形劇」の人形のように操られている描写がしばしば描かれています。

そこから操る糸を断ち切って脱却するのか、それとも人形のままなのか。

一人一人に境遇や過去があり、最終的には『人形』ではなく、『人間』として自分の役割を全うするように変わっていきます。

 

感想と見所4:壮大なストーリー!話が進むごとにハマっていきます!

序盤の勝編と終盤を比べると、もはや全く別のマンガです。

勝編での伏線が、後々、回収されていきます。

例えば、

  1. なぜ愛人の息子である勝だけに莫大な遺産が相続されたのか?
  2. 才賀貞義の巻物にちらっと出てきた自動人形って何?
  3. エレオノールに人形繰り教えてたおばあちゃんは誰?
  4. ゾナハ病の原因は?

 

などなど・・・

全部わかるようになるには、200年前にさかのぼって、次は、日本の明治時代ごろのエレオノールの出生の秘密見て、といった過去を見ていかなければなりません。

一度読み出したら止まれないでしょう。

 

おすすめマンガ「からくりサーカス」のまとめ

からくりサーカスは現在(2019年)はTVアニメ放送中です。

アニメ版は尺の関係もあって、原作の大部分が削られてしまっているのが残念です。
しかし、アニメの良いところもあって、マリオネットのアニメーションが迫力あり、見応えありです!

このマンガは読んだら間違いなく「アツイ!」って叫ぶこと場違いなしです。

勝やエレオノール、鳴海はなんか情熱的なんですよね。

読んでるとハートが動きます。

アツイ気持ちになりたいときにぜひ読んでみてください。