アニメ

アニメからくりサーカス17話のネタバレあらすじと感想!エレオノール誕生!

アニメ版からくりサーカスの17話「訪れし者」のネタバレあらすじ・感想です。

まだ見てない方は要注意。

からくりサーカス17話「訪れし者」あらすじ

正二の記憶を旅する勝が見たもの。
正二は、生命の水を飲み干し、アンジェリーナと共に生きることを決意する。
しろがねの力になるべく、懸糸傀儡の研究に励む正二。そして正二に寄りそうアンジェリーナ。
ある日、正二が作った懸糸傀儡を世界中のしろがねにもたらすため、ルシールの命を受けたディーン・メーストルという男がフランスから訪ねてくる
からくりサーカス公式HP

今回の見所は、

  • ギイがしろがねになった経緯。
  • ギイ VS アンジェリーナ。
  • フランシーヌがアンジェリーナを訪ねてくる。
  • エレオノールの出産。

正二の過去は物語の核心にも繋がっていくところですので、注目です。

からくりサーカス17話「訪れし者」のネタバレあらすじ

アニメからくりサーカスの才賀正二© 藤田和日郎・小学館 / ツインエンジン

「おじいちゃんとアンジェリーナの子どもが才賀貞義なんだね。」

と言う勝に対して、

「そこまでシラを切るか。」

と言うおじいちゃん。

そして、丁寧にいきさつを説明してくれます。

原作でも思ったけど、ここは勝に説明というよりも視聴者に説明するための話です。

 

アニメからくりサーカスの才賀貞義© 藤田和日郎・小学館 / ツインエンジン

ディーン・メーストル登場。

「ありがとう。ありがとう。」と連呼するディーン。

ルシールからマリオネットの運搬と制作を手伝うように言われて日本に来て、その後、才賀正二が会社を立ち上げ、ディーンは養子となる。

名前も才賀貞義と変更。

 

アニメからくりサーカスの才賀正二とアンジェリーナ© 藤田和日郎・小学館 / ツインエンジン

アンジェリーナの妊娠発覚で、喜ぶ才賀貞義。

有頂天のおじいさん。

 

アニメからくりサーカスのギイと勝© 藤田和日郎・小学館 / ツインエンジン

「得体の知れない外国人が・・・」

と言って、案内する警備。

得体の知れない外国人を簡単に案内する警備に、「どんなセキリュティだ!」とつい、ツッコミを入れたくなってしまいます。

ギイが正二との約束を果たしに登場。

「貞義が勝にダウンロードしていることがわかったら殺せ」という約束をしていて、ダウンロードしているのかどうかを正二に見定めさせてるようだ。

ここからはギイの昔話が始まる。

アニメからくりサーカスのゾナハ病のギイ© 藤田和日郎・小学館 / ツインエンジン

ギイがゾナハ病を発症したのは12歳の頃。

医者にはどうすることもできないので、母親はギイを病院に入れるという名目でギイを捨ててしまう。

息子を捨てるという行為の後ろめたさにキャンディーをあげるという母親。

さすがのギイもこの母親を振り返り「愚かだ」と言っている。

その後、ルシールにしろがねにしてもらい、10年の訓練を終え、初任務でアンジェリーナに会いに行く。

アニメからくりサーカスのギイとアンジェリーナ© 藤田和日郎・小学館 / ツインエンジン

フランス人のしろがねを見て喜ぶアンジェリーナ。

しかし、ギイは「任務で来た」と告げる。

「柔らかい石をアンジェリーナから取り出し、生まれた子どもに移し替える」という任務。

それを聞いたアンジェリーナは激怒。

「私の赤ちゃんを柔らかい石の入れ物にしようと言うの!」

アニメからくりサーカスのギイとアンジェリーナ© 藤田和日郎・小学館 / ツインエンジン

裏にギイを呼び出し、戦うことに。

「しろがねは人間ではありません。」と言い、あるるかんを出すアンジェリーナ。

「お腹の大きなおばさんが何をするつもりさ!」とオリンピアを出すギイ。

お腹の大きなおばさん・・・

アニメからくりサーカスのあるるかんとオリンピア© 藤田和日郎・小学館 / ツインエンジン

あるるかんとオリンピアの戦いが始まる。

お腹の中の赤ちゃんをかばいながら戦うアンジェリーナは圧倒的に不利。

ギイは完全に悪役。

最後には、オリンピアの『聖母の抱擁』が繰り出されるが、急に動きが止まり、ギイが技をくらってしまうことに。

アニメからくりサーカスのアンジェリーナ© 藤田和日郎・小学館 / ツインエンジン

傷ついたギイを介抱するアンジェリーナ。

「私があなたのママンになってあげましょうか?」

優しすぎるよ。アンジェリーナ。

徐々に心を開き出すギイ。

 

アニメからくりサーカスのフレンシーヌ人形© 藤田和日郎・小学館 / ツインエンジン

場面は変わり、正二は黒賀村にいるはずのアンジェリーナを見つけ驚き、あとを追いかける。

教会に入って、顔を見るとアンジェリーナにそっくりだったのだ。

しかし、別人だとすぐに正二は気づく。

アンジェリーナ似の女性は正二に声をかけ、2人は少し話をする。

「仕事は人形づくりをしている」と言う正二に「アンジェリーナを知っているか」と尋ねる女性。

振り向いた際の機械音とアンジェリーナのことを聞かれたことで、正二はすぐに自動人形と気づき、臨戦体制をとる。

自動人形は「私はフランシーヌ。アンジェリーナに分解してもらうために探している。」と正二に告げる。

そして、正二はフランシーヌをアンジェリーナに会わせることに。

アニメからくりサーカスのアンジェリーナと正二とフランシーヌ© 藤田和日郎・小学館 / ツインエンジン

フランシーヌに頼まれ、正二はフランシーヌの強さを人間以下に改造する。

そして、正二にはこの人形が悪いものに思えなくなっている。

フランシーヌが自分にそっくりなことに驚くアンジェリーナ。

自分の血筋のおばさんにフランシーヌがいたことを説明。

そこにギイが現れ、フランシーヌを壊そうとオリンピアを出す。

すると、急にアンジェリーナがお産づく。

アニメからくりサーカスのアンジェリーナのお産© 藤田和日郎・小学館 / ツインエンジン

産婆を今から呼びにいっても間に合わないので、ギイが赤ちゃんを取り上げることに。

フランシーヌは人間が赤ちゃんを産むことを知らず、驚く。

赤ちゃんは逆子だが、ギイは懸命に対応する。

そして、正二が赤ん坊を取り上げるが、赤ちゃんが泣かない。

そこにフランシーヌがお尻を叩き対処し、赤ん坊が泣き出す。

この生まれた赤ん坊がエレオノールなのだ。

からくりサーカス17話「訪れし者」感想

今回はエレオノールの誕生秘話でしたね。

他のサイトでも言っているようにアニメ版は尺の関係上とても削られています。

登場人物もけっこういなくなっているので、毎回誰が、どこが削られるのかドキドキですが、今回はそこまでありませんでしたね。

さすがにフランシーヌや貞義が削られるわけないですね。

削られたら全く違うマンガになってしまいますし。

最後の赤ちゃんを取り出すシーンはあのメンバーで赤ちゃんを取り上げるというのが温かみがありますね。
アンジェリーナと正二、アンジェリーナから柔らかい石を取り上げようとしたギイ、自動人形のボスのフランシーヌ、敵同士だけど、赤ちゃんをみんなで取り上げたのが印象的です。

フランシーヌどこからどう見てもいいやつにしか見えないです。