MENU
マンガ

ジョジョのおもしろい部(シリーズ)ランキング!人気なのはどれだ!?

知らない人はいないのかもしれない「ジョジョの奇妙な冒険」。

読んだことなくても誰もが名前は聞いたことあるはずと言えるぐらい有名なマンガです。

ゲーム、映画、アニメにもなっていて、アメトークでも『ジョジョ好き芸人』があるぐらいファンも多いです。

そんなファンの中でも尽きない話題が「どの部が好き?」です。
相手がジョジョを読んだことがあるとわかれば、ジョジョ好きはどの部が好きなのか気になるものなのです。

そこで、今回は「ジョジョのおもしろい部ランキング」を書きます。
評価は私の独断と偏見なので、ご了承ください。
ついでに各部の紹介もします!

 

ジョジョの奇妙な冒険とは?

1986年に少年ジャンプで連載開始し、2005年からはウルトラジャンプで「第8部ジョジョリオン」が連載されています。

シリーズは1部〜8部まであり、単行本はシリーズ合計で100巻を超える長期連載です。

2006年の文化庁による文化庁メディア芸術祭10周年記念アンケート企画、「日本のメディア芸術100選」にてマンガ部門で2位に選ばれている超大人気マンガなのです!

ジョースター一族と、邪悪な吸血鬼と化したディオやその後継者たちが、1世紀以上にわたって繰り広げる戦いを描いています。

シリーズ各部はそれぞれ独立していて、舞台や登場人物も大きく変わります。

そのためシリーズを全部読んでなくても、単独で見ても十分楽しめます。

 

ジョジョ部ランキング8位「1部ファントムブラッド」

 

舞台は19世紀末のイギリス。
英国の青年貴族で強い正義感と勇気を持つ主人公ジョナサン・ジョースターと、下層階級の出身ながら類稀なカリスマ性と野望の持ち主ディオ・ブランドーの対決です。

記念すべき第1作目。

顔につけると人間の未知の才能を開花させ吸血鬼にする「石仮面」や独特の呼吸法により、生命エネルギーを活性化させる「波紋」が出てきました。

今見ると、かなり古いです。
なんせ30年以上前です。

そのせいか絵が苦手で受け入れにくい人がかなりいると思います。

ジョジョの奇妙な冒険ファントムブラッドのジョナサン出典 : RENOTE

絵が北斗の拳よりなんですよね。この時代はこの絵の感じが流行っていたんでしょうか?

今からジョジョの1部を読む人で絵が受け入れられない人は、アニメで見ると見やすいですよ。ジョジョのアニメは原作であるマンガを完全移植しているので、内容も同じです。しかも、作画はかなりキレイです。

アニメならファントムブラッドも見る気がします。

アニメ動画『ジョジョの奇妙な冒険』の全シリーズを無料で見る方法を紹介!『ジョジョの奇妙な冒険』のアニメは原作コミックを完全再現し、さらに臨場感ある動きでマンガにはない魅力があります。この記事はジョジョのアニメを全シリーズ無料で見る方法を紹介します。...

 

ジョジョ部ランキング7位「6部ストーンオーシャン」

 

舞台は2011年のアメリカ。
承太郎の娘の空条徐倫は、罠にはめられて刑務所へ収監され、承太郎は救出にやって来たが、徐倫をかばって仮死状態に陥ります。
徐倫は父を救うべく、来襲するスタンド使いたちを退けつつ、この悪夢を仕掛けた見えざる敵への戦いを挑んでいきます。

初の女性主人公です。

承太郎が復活したぐらいの終盤は盛り上がって、覚えてるのですが、それ以外はあまり覚えていません。

他シーズンと比べるとインパクトが低かった気がします。

プッチ神父の「時を加速させる能力」が強すぎてやばいですね。

 

承太郎の「時を止める能力」のスタープラチナとの対決が見ものです。

 

ジョジョ部ランキング6位「8部ジョジョリオン」

 

舞台は日本・S市杜王町。
大震災を機に隆起した断層「壁の目」で、広瀬康穂は記憶を失った謎の青年を発見します。「定助」と名付けられた青年は、過去の自分を探します。

現在ウルトラジャンプで連載中です。

このシリーズのゴールがなかなかハッキリしないので、イマイチおもしろみに欠けます。

現在では母親のホリーさんを救うというのがゴールになりましたが、展開がいつもと比べて遅い気がします。またいつもならラスボスが出てきている時期になっても、今回はなかなか登場しませんでした。

まだ完結していないので、これから変わっていく可能性もありますが。

あとは定助以外の戦闘シーンが少ないのも残念なところです。
ジョジョは主人公と仲間がいて、それぞれの能力を適材適所に使ったり、主人公以外の戦闘シーンがおもしろかったりするのですが、ジョジョリオンは少ないです。

ジョジョリオンのソフトアンドウェット出典 : Tips

スタンドバトル自体はおもしろく、身体を治せるスタンドがいないので、バトルはなかなかヒヤヒヤします。

ジョジョリオンは今までのジョジョとは番う雰囲気が出ている気がします。今までにないジョジョのなので好きな人にはジョジョリオンはかなり好きではないのでしょうか。

 

ジョジョ部ランキング5位 「2部 戦闘潮流」

 

舞台は1938年のアメリカ。
ジョナサンの孫のジョセフ・ジョースターも「波紋」を身に付けていました。
そんな中、人類を遥かに凌駕する知的生物「柱の男」たちが発掘されます。人類の脅威となりうる「柱の男」を倒すため、ジョセフたちは各地を奔走します。

ジョジョファンの中には、「スタンドじゃなくて、やっぱりジョジョは波紋でしょ!」と言わんばかりの波紋人気もあります。

ジョジョはスタンド能力バトルがかなりおもしろいのですが、2部はスタンドがないにも関わらず、見応えがあります。

ジョセフ・ジョースターの軽いというか楽天的な性格が好きですね〜。

不利な状況でも、相手の弱点や裏をかいたり、イカサマやトリックを使って逆転していくのがみていておもしろいです。

この2部もまだ絵が「北斗の拳」寄りの絵になっています。
しかし、内容が1部より断然おもしろいので、絵もさほど気になりません。

 

ジョジョ部ランキング4位「4部ダイヤモンドは砕けない」

 

舞台は1999年の日本。
ジョセフの隠し子の東方仗助の住むS市杜王町では、「弓と矢」によってスタンド使いが増え続けていました。
仗助の祖父は悪のスタンド使いの犠牲となり、帰らぬ人となります。
意志を継いで杜王町を守るため、仗助と仲間たちは町に潜むスタンド使いと闘いを繰り広げていきます。

高校生の東方仗助が主人公でなので、登場人物に高校生が多くなっています。

ストーリーとは関係ない日常的な物語も描かれているのが特徴です。

高校生の日常生活が中心のため、スタンド戦も命のやり取りをするほどの激しさはありませんが、3部以上に能力重視の戦いになっているのがおもしろいところです。

3部に比べると敵が強そうではないキャラが多いですが、吉良吉影のサイコ感はDIOとは違ったインパクトがありました。

吉良吉影のしぶとさは尊敬に値するぐらいしぶといです。
最終的にスタンド能力は3つで、キラークイーンのお腹には「空気を自在に操る能力」を持つ猫草が入っていて、何が何でもこの事態を乗り越えようとする姿勢に脱帽です。

3部の承太郎と2部のジョセフも出てきますし、広瀬康一や岸辺露伴など個性的で魅力的なキャラが多いのも見所の一つです。

 

ジョジョ部ランキング3位「7部スティール・ボール・ラン」

 

舞台は1890年のアメリカ・サンディエゴビーチ。
この地で世紀の大レースが開催されます。
謎の鉄球を操る男のジャイロ・ツェペリと、下半身不随の元騎手のジョニィ・ジョースターは、それぞれの目的のためにゴールのニューヨークを目指します。
レースの裏側では、国家が秘密裏に「聖人の遺体」を集めていたという物語です。

6部で世界が一巡してしまってパラレルワールドになってしまいました。
名前やスタンド能力や世界観はジョジョを受け継いでいますが、似たような名前でも別人の設定です。

ジョジョの奇妙な冒険が終わり、このスティール・ボール・ランやジョジョリオンになってから主人公がどこか不完全ですね。
ジョニィ・ジョースターは下半身付随、定助は「ロカカカ」の等価交換で吉良吉影で合体していますし。

世界観は受け継いでるのですが、新しいジョジョになっていて、ところどころ今までとは違います。

時を6秒戻すリンゴォが好きすぎて、3位にしました。

「よろしくお願い申し上げます」

 

ジョジョ部ランキング2位「5部 黄金の風」

 

舞台は2001年のイタリア。
DIOの息子のジョルノ・ジョバァーナ(汐華 初流乃)は、街を浄化するギャングスターになるため、ギャング組織「パッショーネ」に入団し、ジョルノはボスの娘の任務を果たしつつ、ボスに近づくチャンスに挑戦していきます。

ギャングの話となっているので、戦闘が激しく、ダメージもかなりひどいシリーズになっています。
スタンド能力も多彩で、力技ではなく、頭を使って戦わないと勝利できないおもしろさがあります。

主人公のジョルノだけでなく、ブチャラティやミスタ、ナランチャ、アバッキオなど生き方もカッコ良く、スタンドもそれぞれ個性があります。
また敵役も覚悟を持った強いキャラが登場してくるので、スタンド戦はかなりおもしろいです!

ジョジョの奇妙な冒険のギアッチョ出典 : TiPs

あとは名言はかなり出てきます。
特に「覚悟」についての名言が多いような気がします。

1番好きなのは、ギアッチョ戦でジョルノの名言。
「『覚悟』とは暗闇の荒野に!!進むべき道を切り開く事だッ!」

ジョジョの奇妙な冒険のジョルノの覚悟の名言出典 : TiPs

 

 

ジョジョ部ランキング1位「3部スターダストクルセイダース」

 

舞台は1980年代後半の日本。
100年の時を経て、ジョナサンの肉体を乗っ取ったDIO(ディオ)が復活し、それと共鳴するかのようにジョセフの孫の空条承太郎に、幽波紋(スタンド)という能力が発現します。DIOの影響によって危篤に陥った母の空条ホリィを救うため、承太郎はジョセフらと共にDIOの潜むエジプトを目指します。

この3部からスタンド能力が始まります。
カリスマ性のある強さをもつ空条承太郎がかっこよくてたまりません。

内容はドラクエ感がありますね。
承太郎の母ホリィさんを助けるために、仲間と一緒にエジプトにいるディオを倒す旅に出るという感じです。

エジプトに向かう途中に敵スタンドが次々と現れ、戦っていきます。

スタンド戦はスタンド能力もまだ洗練されてはおらず、最終的に承太郎の「オラオラオラオラ〜!」で勝つことが多いですが、終盤のDIO戦の盛り上がりは最高です。

初めて読んだときは胸が熱くなりました。

誰に聞いてもジョジョおもしろかったシリーズランキングの上位に入ってくるのがこの3部です!

 

ジョジョ面白い部ランキングのまとめ

ジョジョは現在、「5部 黄金の風」がアニメで放送されていますが、相変わらずおもしろいですね。原作読んで次がどうなっているのか知っているのに、続きが気になります。

ランキング最下位の1部は内容がどうのというより、古すぎて、絵が苦手な人がほとんどだと思います。
もし、まだ読んだことない人でジョジョを読み始める人がいれば、3部か4部から読んでみると読みやすいですよ。

3部の承太郎 VS DIOは名バトルです!

「オラオラオラオラ〜!」

「無駄無駄無駄無駄〜!」

ジョジョ好きを見つけたら聞いてみてください。

「どの部が1番好き?」