動画配信サービス

Huluのメリットとデメリットを簡単に解説!動画見るならやっぱりここでしょ!

Huluを実際に使ってみて感じたメリットとデメリットをまとめました。

今や動画配信サービスはたくさんあり、どの動画配信サービスがいいのか、なかなかわからないですよね。

Huluは何が良いのか、どこが弱いのか登録する前に知っておきたいのではないでしょうか。

Huluの無料お試し期間は2週間なので、2週間では気づかない点も多いと思います。

この記事を少しでも参考にしてもらえたら嬉しいです。

Huluとは?

huluのロゴ

映画やドラマといった動画を見たい時にいつでも再生できる動画配信サービス会社の一つです。

PCだけでなくスマホやタブレットでも視聴可能でネット環境があれば他の機器でも使用することができます。

日本テレビの子会社であるHJホールディングスが運営しているので、日本テレビ系のドラマやバラエティ、アニメが特に豊富にあります。

あとは海外ドラマも豊富にあり、人気の「ゲーム・オブ・スローンズ」や「ウォーキング・デッド」なども見ることが可能です。

Huluの基本的な情報

huliu2週間無料
料金月額933円(税抜)
無料お試し期間14日
作品数50,000本以上
ダウンロード
対応デバイステレビ・PC・スマホ・タブレット・ゲーム機

Huluは月額933円(税抜)で5万本以上の映画、バラエティ、ドラマ、アニメなどが見放題で見ることができます。

無料お試し期間が2週間あるので、2週間は無料でHuluのサービスを受けることができます。
無料お試し期間中も見れない動画などはなく、会員と同じだけ全ての動画が見放題です。

無料お試し期間中に退会すれば代金はかかりませんので、一度体験してみるのもありだと思います。

 

Huluのメリット

実際に使ってみたHuluのメリットをお伝えしていきます。

  1. 月額933円で全ての作品が見放題。
  2. Huluでしか見れないオリジナル作品がある。
  3. 日テレ系の見逃し配信はどこよりも充実。
  4. フルHDの高画質で好きな作品を楽しめる。
  5. 対応端末が豊富!マルチデバイス対応。
  6. マルチプロフィールで自分のプライバシーが守れる。

基本的にはメリットの方が多いですね。

月額933円で全ての作品が見放題

月額933円(税抜)でHuluは全ての作品が見放題になっています。

「見放題って当たり前じゃないの?」

って思う人もいるかもしれませんが、他の動画配信サービスでは「見放題作品」と追加料金を支払ってみることができる「レンタル作品」の2つに分かれています。

見たい作品がレンタル作品だったということなんてしばしば・・・

その点はHuluは全てが見放題になっていて、作品数も5万本と充実しています。

課金がないので、つい課金してしまったなんてことないので安心できます。

Huluでしか見れないオリジナル作品がある

HuluにはHuluでしか見れない作品があります。

  • Huluオリジナル作品
  • Huluプレミア

どのような作品があるのかそれぞれまとめていきます。

Huluオリジナル作品

Huluのオリジナル作品

Huluオリジナル作品の一覧です。(2019年5月)

Huluオリジナル作品は、Huluでしか見れない作品のことです。

約33作品あります。

  • THE LAST COP/ラストコップ
  • ミス・シャーロック
  • 渡部の歩き方 グルメ王の休日
  • KEYABINGO!
  • 雨が降ると君は優しい
  • トドメのパラレル
  • 銭形警部
  • 代償
  • デスノートNEW GENERATION
  • We Love BTS
  • AKB チーム8のブンブン! エイト大放送
  • 鬼三村 ~ダメ後輩達よ、面白くあれ!!~
  • ソウタイセカイ

などなど・・・

ドラマ、バラエティ、アニメなど幅広くそろっています。

 

Huluプレミア

Huluプレミア

Huuプレミアの作品一覧です。(2019年5月)

Huluプレミアとは、Huluが1番初めに配信した海外作品のことです。

約38作品あります。

  • ヒューマンズ
  • THE PATH/ザ・パス
  • マーベル ランナウェイズ
  • メディチ
  • 12モンキーズ
  • デイ・アフターZ
  • ハンドメイズ・テイル/侍女の物語
  • マーベル クローク&ダガー
  • アレンジメント ハリウッドに潜む闇
  • THE WRONG MANS/間違えられた男たち
  • スタン・リーのラッキーマン
  • 死霊のはらわた リターンズ
  • マスケティアーズ パリの四銃士

などなど・・

 

 

日テレ系の見逃し配信はどこよりも充実

Huluの見逃し配信

日テレの会社だけあって日テレ系のドラマ、アニメ、バラエティの見逃し配信のラインナップは充実しています。

他の動画配信サービスでは最新話だけ見逃し配信で見れるというのが多い中で、Huluは放送中はずっと見放題で見ることが可能です。

「今、放送中のドラマを見るつもりではなかったけど、友人からおもしろいと勧められたので、Huluで1話から最新話まで見てみる。」

なんてこともできます。

日テレのアニメといえば、「名探偵コナン」があり、今までの全てのエピソードが配信されています。
ちなみにコナンの映画は4月のコナンの映画の時期になると配信されます。

バラエティでは「ガキの使い」が見逃し配信されており、年末になると今までの「笑ってはいけない」も配信されるのでかなり嬉しいです。

 

フルHDの高画質で好きな作品を楽しめる

Huluは1080pのフルHDに対応しているので、画質もキレイです。

フルHDがどのくらいキレイかというとブルーレイと同じくらいの画質です。

そのためDVDで見るよりもHuluで見る方がキレイということです。

実際に映画を見ていても画質が気になったことは今まで一度もありません。

 

対応端末が豊富!マルチデバイス対応

Huluの対応端末

Huluは様々な機種に対応しています。

  • ソニー テレビ「ブラビア」
  • パナソニック テレビ「VIERA」
  • シャープ テレビ「AQUOS」
  • ブルーレイディスク
  • Chromecast
  • Nexus Player
  • Amazon Fire TV Stick
  • Apple TV
  • Air Stick
  • PC
  • iOS
  • Android™
  • PlayStation®4
  • Wii U
    などなど・・・

スマホだけでなく、メディアプレーヤーやゲーム機を使用して見れます。

また、テレビにつなげてテレビの大画面で好きな作品を楽しむこともできます。

 

マルチプロフィールで自分のプライバシーを守れる

Huluのマルチプロフィール

マルチプロフィールとは一つのアカウント内に複数のプロフィールが作れるサービスです。

最大6名まで作成可能で、追加料金はなしです。

家族で使っている場合、自分のプロフィールがあると、視聴履歴やマイリストなどが共有されないので、管理するのにとても便利です。

ロックして暗証番号で入るようにすることもできるのでプライバシーも守られます。

あとはキッズプロフィールがあります。
キッズプロフィールは子ども向けの作品だけが表示されるので、お子様の利用に安心です。

 

Huluのデメリット

Huluにはメリットだけでなく、もちろんもデメリットもあります。

  1. 複数端末での同時視聴ができない。
  2. ダウンロードに制限があるので、オフラインに弱い。
  3. 新作映画はなく、映画のラインナップは弱い。
  4. 韓流・アジアのドラマ弱い。

 

どの動画配信サービスもデメリットはあるので、デメリットも知って、自分に合った動画配信サービスを選ぶといいと思います。

Huluのデメリットも隠さず伝えていきますね。

複数端末での同時視聴ができない

Huluでは一つのアカウントで見れるのは一つの端末のみとなっています。
つまり、2台同時で視聴することがでできません。

例えば、子どもがHuluでアニメを見ていたとすると、そのアニメを見ている間は、あなたが映画を見ようと思っても視聴することができません。

子どもがアニメを見終わったら、見ることができるようになります。

マルチプロフィールでも見ることはできません。
一つのアカウントに見れるのは端末一つなのです。

ダウンロードに制限があるので、オフラインに弱い

2018年7月からHuluもダウンロードができるようになり、オフライン再生が可能になりました。
このサービス改善はとても嬉しいことなのですが、ダウンロードできない動画などもあり制限が多いです。

全ての動画がダウンロードできるというわけではないのです。

どの作品がダウンロードに対応しているのかということを一覧表示も現在ではできないみたいです。

 

新作映画はなく、映画のラインナップは弱い

新作映画は弱いというか、ありません。

僕は映画に関しては見ることが少ないですね。
海外ドラマや日テレ系のドラマは配信も早くて、作品も豊富にあるのでそちらの方ばかり見てしまいます。

ドラマ系に比べると映画のラインナップは少し弱いかなという印象です。

 

韓流・アジアのドラマに弱い

Huluは海外ドラマ、日テレ系のドラマに強いと言いましたが、実は韓流とアジアのドラマに関しては弱いです。

作品数は約60作品とのことなので、韓流・アジアのドラマが目的の人はHuluではない方がいいと思います。

 

まとめ

Huluのメリット・デメリットをまとめておきますね。

【Huluのメリット】

  1. 月額933円で全ての作品が見放題。
  2. Huluでしか見れないオリジナル作品がある。
  3. 日テレ系の見逃し配信はどこよりも充実。
  4. フルHDの高画質で好きな作品を楽しめる。
  5. 対応端末が豊富!マルチデバイス対応。
  6. マルチプロフィールで自分のプライバシーが守れる。

【Huluのデメリット】

  1. 複数端末での同時視聴ができない。
  2. ダウンロードに制限があるので、オフラインに弱い。
  3. 新作映画はなく、映画のラインナップは弱い。
  4. 韓流・アジアのドラマ弱い。

このデメリットの中でも、ダウンロードをしてオフライン視聴が木になる人も多いのではないでしょうか。
こちらが問題ないならば、Huluはかなりオススメの動画配信サービスです。

2週間無料体験もありますので、実際に体験してみてから、契約するか決めてください!

Huluの無料体験を試す