動画配信サービス

dTVってどうなの?メリットとデメリットをわかりやすく解説!

ドコモの動画配信サービス「dTV」は月額500円で12万本の作品が見放題というコスパの高い動画配信サービスです。

動画配信サービスって、今ではたくさんあって、どれを選んでいいのかわからないですよね。

私は映画や海外ドラマなど好きなので、動画配信サービスは使いたいとは思っていたのですが、会社によって何が違うのかわからず、困った経験があります。

メリットとデメリットを知っておけば、自分に合う動画配信サービスを見つけることができるので、今回はdTVのメリットとデメリットを簡単にわかりやすくまとめました。

動画配信を選ぶ時の参考に是非してみてください。

  • 本当に月額500円で12万本が見放題なの?
  • 実際に使ってみてどうなの?
  • デメリットはないの?
  • 他の動画配信サービスと比べての特徴は?

こういった疑問をお持ちの方は、この記事を是非読んでみてください。

dTVは無料お試し期間が31日間あり、期間中に解約すれば料金は発生しません。
実際に試してみてdTVが自分に合っているのかどうか判断するのがいいと思います。

【登録はこちらから!】

dTV

dTVとは?

料金月額500円(税抜き)
お試し無料期間31日
作品数12万本以上
ジャンルアニメ、キッズ、国内ドラマ、海外ドラマ、韓流・華流、洋画、邦画、オリジナル、音楽、カラオケ、ニュース、ガールズ、教養・バラエティ、シアター、ショートショート、ムービーコミック、レンタル
おすすめポイント
  • 音楽動画が豊富。(ライブ、PV)
  • 限定動画がある。
  • 動画のダウンロードが可能。
  • 倍速再生ができる。

dTVはエイベックス・グループ運営し、NTTドコモが提供する動画配信サービスです。

ドコモユーザー以外でも契約可能です。

初回登録の方には無料お試しとして31日間無料でdTVを使うことができます。

期間中に解約すれば、もちろん料金はかかりません。

31日間あればdTVが自分に合っているのかどうか十分に使うことができるので助かりますね!

 

dTVのメリット

dTVのメリットをここからまとめていきます。

  1. 月額500円で作品数12万本以上!コスパ高し!
  2. 他の動画配信サービスにはないMusicビデオや限定動画がある!
  3. 動画をダウンロードしてオフラインで見ることができる!
  4. 時間のない人は倍速再生で時間を有効に使おう!

月額500円で作品数12万本以上!コスパ高し!

なんと言ってもdTVの魅力は月額500円(税抜)という料金の安さ!

他の動画配信サービスは1,000円前後はします。
AmazonのPrimieビデオの年額プランを月額にすると約408円になるので、Primeビデオが唯一dTVより料金が安くなります。

しかし、dTVは作品数が12万本以上というのは他の動画配信サービスにはない作品数があります。
U-NEXTの作品数は13万本ありますが、料金は月額1,990円(税抜)です。

月額500円で12万本の作品数が見れるのはかなりのかなりのコスパ高いと言えます。

ただし、中にはレンタル作品もあります。

タイトルの横に『¥』マークがついているのはレンタル作品になるのでご注意ください。
この画像だとウォーキング・デッドのシーズン9がレンタル作品です。

自分の見たい作品が見放題かどうか登録する前にチェックするといいでしょう。
dTVは料金が安くてコスパ良しなので、見たい作品がある人には、かなり使える動画配信サービスです。

見たい作品があるかどうか公式サイトでチェックしてみてください。
dTV

 

他の動画配信サービスにはないMusicビデオや限定動画がある!

エイベックス・グループが運営しているだけあって、音楽コンテンツがたくさんあります。

【音楽】

MusicビデオやLive映像、カラオケ映像まであります。
音楽好きにはかなり楽しめます!

【BeeTV】


また、BeeTVというdTV限定のオリジナルチャンネルがあり、バラエティが充実していておもしろいです。
しかも、邦画のスピンオフドラマも多く、『闇金ウシジマくん』や『進撃の巨人』『銀魂』などのオリジナル作品があるのが嬉しいですね!

あとは、FOXのリアルタイム配信も対応しているのでウォーキング・デッドの新シーズンが始まると一早く見ることができます。

【韓流・華流】

さらに特徴なのは韓流・華流の作品がHuluなどに比べると多くそろっているので韓流・華流好きにはオススメです!

 

動画をダウンロードしてオフラインで見ることができる!

dTVは動画をダウンロードすることができます。

家のWi-fi環境でダウンロードして、通勤電車の中でオフラインで見ることができます。
通信速度を気にしなくてもいいし、通勤時間も有効に使えるので、ダウンロードできるのはかなり便利ですね。

さらに画質を選ぶことができるので、スマホの空き容量の節約し、ダウンロード時間も短縮することができます。

dTVには画質が『HD』『すごくきれい』『きれい』とありますが、スマホで見る場合は『HD』ではなく『すごくきれい』で十分きれいに見れるので、容量を抑えて見ることができます。

 

時間のない人は倍速再生で時間を有効に使おう!

倍速再生は他の動画配信サービスにはあまりないサービスなのです。

時間があまりない人はダラダラと海外ドラマを見続けるのは厳しいかと思います。
海外ドラマは全部見るのにホント時間かかりますからね〜!

短縮してサクッと見たいって人は倍速再生がかなり便利です。

私はバラエティ番組とかはサクサク見たいので、倍速必須です。

かんべえ
かんべえ
全部見ていたら時間が全然足りない!

一つ残念なのはdTVはアプリからしか倍速することができないところです。
そのためパソコンでは使えず、スマホ、タブレットのアプリからの使用となります。

dTV

dTvのデメリット

ここからはdTVのデメリットについてまとめていきます。

  1. 対応端末が少ない。
  2. 同時視聴ができない!
  3. 支払いがドコモユーザー以外は、クレジットのみ。

対応端末が少ない

dTVの対応端末は他社と比べると少ないですね。
パソコン、スマホ、タブレットはもちろん使えて、テレビにもつなげて見ることはできます。

しかし、ゲーム機には一切対応していないとのこと。

私はゲーム機では視聴することはないので問題ないのですが、ゲーム機で視聴される方はdTVはおすすめできません。

対応機種一覧については公式ページのこちらからからご確認ください。
dTV対応機種一覧

 

複数端末で同時視聴ができない!

1つのアカウントで複数の端末で同時視聴はできません。

子どもが見ている時はお父さんは自分のスマホでdTVを視聴することができないのです。

同時視聴ができるとかなり便利なんですけどね〜!

月額500円という安さなので、逆に同時視聴できたらかなり神がかっていますけどね・・

 

支払いがドコモユーザー以外は、クレジットのみ

ドコモユーザーの場合、支払いはドコモ携帯払いとクレジットカードでの支払いが可能です。

ドコモユーザーでない場合は、クレジットカードのみの支払いとなっています。

私はクレジット支払いなので問題はないのですが、ドコモユーザーでなくクレジットカードをもっていない方はdTVを使うことができません。

クレジットカードがないけど、動画配信サービスを使いたい方は「Hulu」や「U-NEXT」がオススメです。
全キャリアの携帯電話と一緒に支払いすることが可能なのでクレジットカードがなくても使うことができます!

dTV

dTVのメリット・デメリットまとめ

dTVのメリットとデメリットをまとめます。

【メリット】

  1. 月額500円で作品数12万本以上!コスパ高し!
  2. 他の動画配信サービスにはないMusicビデオや限定動画がある!
  3. 動画をダウンロードしてオフラインで見ることができる!
  4. 時間のない人は倍速再生で時間を有効に使おう!

【デメリット】

  1. 対応端末が少ない。
  2. 同時視聴ができない!
  3. 支払いがドコモユーザー以外は、クレジットのみ。

何よりも月額500円で作品数12万本以上はコスパが高いです。

またHuluと被っていない作品も結構あるのが嬉しいところ。
音楽コンテンツやdTVオリジナル作品などdTVでしか見れないものがあるのは魅力的です。

無料お試し期間は31日あるので、自分が見たいものがあればそのまま続けていけばいいでしょう。

私は、HuluとdTVの両方を登録していて、Huluをメインに使い、Huluにない作品をdTVで見るって感じで使っています。
dTVが月額500円という料金設定なので料金以上にdTVを活用している気がします笑

【登録はこちらから!】

見放題ならdTV