Amazon

おすすめ!Amazonプライム会員とは?メリットとデメリットを紹介

「Amazonプライムは実際にどうなの?」
「メリットやデメリットは?」

そういった人に向けて、Amazonプライムのメリットとデメリットを包み隠さず紹介していきます。

Amazonプライム会員は、ハッキリ言って料金以上にかなりお得なサービスです!

月額料金

Amazonプライムには年額と月額の2つのプランと、Prime Studentの学割プランがあります。

年額プランの料金は?というと、

なんと3900円(税込)!

かなりお得な料金設定になっています。

月額プランは月額400円(税込)です。
しかし、年額プランの3900円を12で割ると月々325円なので、年額プランのが安くなります。

月々325円でたくさんの特典が付いてくるのでハッキリ言ってお得すぎます!
この後にAmazonプライムのメリットを紹介していきますが、見てもらったらAmazonプライムのお得さに納得いくと思います。

Prime Studentは年額で1900円という信じられない料金設定。
しかも無料お試し期間も6ヶ月ついています。

各プランをまとめておきます。

年額プラン
  • 年額 : 3,900円
  • 月額  : 325円
  • 無料お試し期間 : 1ヶ月
月額プラン
  • 年額 :4,000円
  • 月額  : 400円
  • 無料お試し期間 : 1ヶ月
Prime Student
  • 年額 : 1,900円
  • 月額  : 159円
  • 無料お試し期間 :6ヶ月

年額プランのが安くなっているので、入会するなら基本的には年額プランのがおすすめです。

僕も年額プランで入っています。

また、無料お試し期間が1ヶ月あるので、Amazonプライムを十分体験することができます。

無料お試し期間で年額にするのか、月額にするのか、入らないのか判断していただければいいと思います。

 

メリット1:配送特典

Amazonで買い物するならお得な特典です。

  • 配送料 400〜440円(注文が2,000円未満の場合)
  • 当日お急ぎ便 600〜640円
  • お急ぎ便 500〜540円
  • 日時指定便 500〜640円

これら4つのサービスが、Prime会員になると無料で何度でも利用可能となります!

Prime会員の月額は325円ですので、月1回アマゾンで買い物する人は、入っておいた方がお得ということになります。

日時指定便なんかは使えるとかなり便利ですので、無料だと助かります。
日時指定しないと荷物が届いても受け取りできず、再配達の連絡という一手間が省けます。

働いていると昼の荷物の受け取りは難しいですし。

またお急ぎ便を使って荷物が早く手元に来るなら、嬉しいですよね。

プライム特典が利用できるのはプライムマークが表示されている商品が対象です。

プライムマークがついていない商品もあるので、確認しておきましょう。

実際にAmazonプライムを見てみると、プライムマークが表示されている商品が大半なのでかなりプライム特典は使えます。

 

Prime now

Amazonの商品を最短2時間でお届けするというPrime会員向けのサービスです。

追加料金で1時間以内配送も可能です。

1時間以内はすごいですね。

ただ東京都・神奈川県・千葉県・大阪府・兵庫県の対象エリアのみご利用できるので、その他では使えることができません。

僕の住んでいるところでは対象外なので使ったことはないのですが、弁当やお惣菜もあるので、ランチや夜食に使うのにいいかもしれませんね。

 

メリット2:プライムビデオ

ネット上の動画配信サービスです。
映画、ドラマ、アニメが見放題で、HuluやU-NEXTといったサービスと同じものです。

またプライムビデオでしか見れないオリジナル作品もあります。

  • ドキュメンタル
  • バチェラー・ジャパン
  • 戦闘車
  • 宇宙の仕事
  • 仮面ライダーアマゾンズ

など、バラエティー、国内ドラマ、海外ドラマとオリジナル作品を見ることができます。

子ども向け作品もあるので、お子さんも楽しむことができます。

  • クレヨンしんちゃん
  • しまじろう
  • 仮面ライダー
  • ポケットモンスター
  • ディズニーシリーズ
  • ガンダムシリーズ

そして、これらの作品をダウンロードすることができます。

Wi-Fi環境のある自宅でなどでダウンロードして、外出先でのオフライン環境でスマホやタブレットから視聴することも可能です。
通勤の電車の中や、仕事の休憩時間にでもダウンロードした作品をいつでも見ることができるのは嬉しいですよね。

一番のメリットはコスパが良いことです。
他の動画配信サービスとの料金を比べてみると、

Hulu月額933円
U-NEXT月額1,990円
dTV月額500円
プライムビデオ月額325円

かなりお得な料金設定になっています!

正直、作品数は専門の動画配信サービスには劣りますが、これがAmazon Prime会員の特典の一つで、映画、ドラマ、アニメやアマゾンオリジナル作品が見放題なんてコスパは最高です。

 

メリット3:プライムミュージック

100万曲以上が聞き放題の音楽ストリーミングサービスです。

曲数は他の音楽配信サービスに比べると多くはないですが、「ブルーノ・マーズ」「エド・シーラン」「アリアナ・グランデ」といったメジャーな楽曲は配信されているので、十分楽しむことができます。

特にプレイリストがおすすめです。
「春を感じるお出かけJ-POP」「晴れた朝に聴きたい洋楽」などあるので、BGMとしてかなり使えます。

ちなみにプライムビデオと同じでダウンロードしてオフライン環境で聴くことも可能です。
Wi-Fi環境のある自宅でダウンロードしてしまえば、通信容量を気にせず音楽を聴くことができるので安心です。

 

プライムラジオ

プライムミュージックの中にプライムラジオというものがあります。

プライムラジオとは、プライムミュージックの中の楽曲からジャンル別に、24時間いつでも途切れることなく聴くことができるラジオ機能です。

普通のラジオとは違い、MCはいないので、ずっと音楽が流れ続けます。

僕は、何か作業している時にBGMとして流しておきます。
邦楽、洋楽、70年代から2010年代まで揃っているので、幅広く楽しむことができます。

 

メリット4:Twich Prime

Twich(ツイッチ)というゲームに特化した生配信サービスがあるのですが、Amazonが買収して、今はAmazonのサービスになっています。

そのTwichの上位版がTwich Primeです。

広告なしでゲーム配信を楽しむことができます。

また30日ごとの無料スポンサー登録というものがあります。
これはゲーム配信者を金銭的に支援する(500円)スポンサーになることができます。

プライム会員なら追加料金不要でスポンサーになることができるので、かなりお得です。
もはやAmazonから500円もらっているのと同じですね。

これだけでプライム会員の料金の元がとれちゃいます。

 

メリット5:Amazon Photos

プライム会員向けの無制限のフォトストレージです。

オンライン上に写真のデータを保存しておくことができ、しかも容量は無制限です!

何枚でも保存しておくことができるのです!

オンライン上に保存してしまえば、スマホやタブレット、PCからも写真を見る事ができます。さらにデバイス上からデータを消えてもオンライン上にデータが残っているので、安心です。

また「スマホの容量がなくて写真のデータを消したいけど、どれも大切だから消せない。」って時ありませんか?

そんな時もAmazonフォトに保存すれば、スマホからデータを消すことができ、スマホの容量の空きを増やすことができます。

これもかなり便利で使えるサービスですね〜!

ちなみに動画や音声も保存可能ですが、容量が5GBまでとなっているので、ご注意ください。

 

メリット6:Kindle オーナーライブラリ

こちらはKindle端末またはFireタブレットをお持ちの方のみの特典です。

2万冊以上の和書、60万冊以上の洋書の対象タイトルの中から好きな本を1ヶ月に1冊、無料で読むことができるサービズです。

ラインナップは、

  • 7つの習慣
  • 夢を叶える像
  • 原因と結果の法則
  • 嫌われる勇気
  • サラリーマン金太郎
  • むこうぶち

など、超有名どころのビジネス書からマンガまであります。

ビジネス書は、普通に買って読むと1,000円以上するので、プライム会員の料金を考えると簡単に元がとれてしまいます。

 

メリット7:会員限定先行セール

Amazonがやっているタイムセールの時に通常より30分早くタイムセールに参加することができるサービスです。

タイムセールとは、Amazonが毎日おこなっている時間限定販売です。

このタイムセールの間は対象の製品がAmazon内の通常の価格より安く購入することができるのです。

数量限定の早い者勝ちのタイムセールの場合、30分早く購入できるのは大きなメリットなのはお分かりだと思います。

またプライム会員限定でAmazonプライムデーという大規模な特大セールもあり、かなりの割引がされるので、嬉しい特典です。

 

メリット8:Amazonファミリー

プライム会員ならおむつ・おしりふきが定期おトク便で15%OFFで買えるサービスです。

お安く帰るだけでなく、自宅に配達してくれるので、おむつを買った時の買い物の荷物の量を減らすことができます。

またAmazonファミリー限定セールやクーポンがあり、ベビー用品やベビーカーも通常より安く購入することができる特典もあります。

子どものいない方には必要ないサービスですが、子どもがおられる方は入っておいて損は全くなくかなりのメリットがあります。

 

メリット9:Prime Reeding

Prime Reedingとは対象の本が読み放題というサービスです。

読み放題のラインナップはマンガ、小説、雑誌、ビジネス書とジャンルがそろっています。
そんな大したことないラインナップかと思いきや、有名どころもそれなりにそろっていてびっくりしました。

ビジネス書

  • 「思考は現実化する」
  • 「自助論」

マンガ

  • 「インベスターZ」
  • 「弱虫ペダル」

雑誌

  • 「Ray」
  • 「クロワッサン」
  • 「Tarzan」
  • 「サウンド&レコーディングマガジン」

※2019年3月時点

など、特に雑誌はそろっていますね。

読めるものは変更されていくので、新しく読めるものが増えたり、逆に無くなったりしますのでご注意ください。

あとはKindle端末だけでなく、PCやスマホ、タブレットで読むことが可能なのが、Prime Reedingの特徴です。

スマホに入れておけば、待ち時間とかにパッとすぐ読んだりすることができるので時間つぶしには最適です。

 

メリット10:バーチャルダッシュ

Dashボタンは特定の商品のボタンのことで、このボタンを押すだけでAmazonに注文することができるというもの。

よく使うものや絶対に必要なもののボタンをもっておくと、すぐに簡単に注文できてしまうわけです。

バーチャルダッシュとは、このDashボタンをバーチャル化して、スマホやPCからボタンをプッシュして注文することができる機能です。

僕は正直、よく買うものがないのであんまり使いませんが、日用品や洗剤などをAmazonで購入している人はうまく使うと便利かもしれませんね。

プライム会員になると使える特典なので、是非試してみてください。

 

メリット11:Amazonパントリー

食品や日用品など毎日使うものを必要な分だけ注文できるサービスです。

ネット通販だと日用品は値段が安いこともあって、ケース販売になっているところが多いと思います。

Amazonパントリーでは、1個から商品を注文することができ、注文した商品を全て1個のダンボールにまとめることができます。

食品や日用品、ドリンク、調味料、コスメ、雑貨などがあり、スーパーの買い物をAmazonでしているイメージをしてもらえばわかりやすいと思います。

仕事で忙しくて、帰宅する時にはスーパーが閉まっている人にはかなり便利なサービスです。
Amazonのネット注文なので、年中無休24時間やっていて、いつでもどこでも注文できます。

しかも荷物も自宅に届くのでスーパーに行くという時間も省けるし、重たい荷物もたなくて済みます。

安い!というよりも、Amazonで必要なものをいつでも注文できて、まとめて自宅でも送ってもらえるので、便利という感じです。

 

メリット12:Amazonフレッシュ

生鮮品を届けてくれるプライム会員のサービス。

野菜やお肉、果物など鮮度の高いままで届けてくれるのが嬉しいですよね。

配送時間は8時から深夜0時までとなっていて、Prime nowと同様にエリア限定配送です。

Amazonフレッシュではプライム会員費に追加で月額500円かかってきます。
しかし、初回限定で3,000円分のお試しクーポンが付いてくるので半年分のAmazonフレッシュの利用料は実質無料となります。

Amazonパントリー同様、お仕事が忙しい人にはかなり使えるサービスです。
Amazonで日常生活で必要なものは全て買えそうですね。

 

メリット13:プライムワードローブ

自宅で自由に試着して、気に入った商品を購入できるサービスです。
最低3点、最大8点の商品を取り寄せ、最長7日間ご試着することができるので、サイズ違いや色違いなどを実際に着て確かめることができます。

ネットで服を買うのに1番困るのは実際に触れることができないことですもんね。
実際に試着できるなんてかなり便利です。

対象商品はレディース、メンス服、キッズ服、シューズ、バック、腕時計、ジュエリーなどです。
対象商品にはプライムワードローブのロゴマークが入っています。

さらに商品の変装の手続きも簡単で、送料や返送料も無料という優れもの。

プライム会員は追加料金なしでプライムワードローブを使うことができます。

 

メリット14:Prime Pets

ペットの情報を入力すると、そのペット関連の対象商品が10%で購入できるというサービスです。

ペットは犬と猫が対象です。

定期おトク便だと初回は50%OFFで購入できるという割引もやっています。

プライム会員だと無料で使うことができるので、ペットがおられる方は登録しておいて損はありません。

 

Amazonプライムのデメリットは?

Amazonプライムのメリットをたくさん書きましたが、一応デメリットもあります。

次にAmazonプライムのデメリットについてまとめていきます。

Amazonを利用しない人には必要ない

送料が無料になったり、日時指定ができるなどのお得な配送特典もAmazonで買い物をすることがない人には意味がありません。

映画や本、音楽を無料で聞くこともできるメリットもあるのですが、もしそれらが満足度を満たさない場合は、Amazonを普段使わない人にはプライム会員になる必要がないかもしれません。

しかし、プライム会員のメリットを知って、「今までAmazon使わなかったけど、試しに使ってみようかな。」って人には、無料お試し期間も1ヶ月あるのでぜひ試して必要かどうか判断するのもいいと思います。

 

たくさんサービスがあるが全ては使わない

メリットをたくさん紹介していたのですが、実際に使うのはいくつかだけです。

もちろん「全部使っているよ!」って人もおられると思いますが、頻繁に使うものは少ないです。

しかし、プライム会員は配送特典やPrime Reedingといった1つのサービスでも月額325円という元はとれるのでお得なことには変わりありません。

また使うことを忘れることも多いです。。

 

無料期間後は自動で契約される

無料お試し期間は1ヶ月無料で使えますが、その期間を過ぎると自動更新で料金が発生します。

そのため、つい「解約するの忘れてた!」ってなると、料金が発生しますので、無料お試し期間の終了日を手帳にメモるなどしておくといいと思います。

解約方法は簡単なのでご安心ください。

もし、本当に解約をし忘れていた場合はAmazonのカスタマーサービスに連絡すれば返金してもらえるみたいです。

Amazonは、もはや神ですね。

 

Amazon プライムのメリットとデメリットまとめ

Amazonプライムのメリットをまとめておきます。

  • メリット1 : 配送特典
  • メリット2 :プライムビデオ
  • メリット3 :プライムミュージック
  • メリット4 :Twich Prime
  • メリット5 :Amazon Photos
  • メリット6 :Kindleオーナーライブラリー
  • メリット7 :会員限定先行タイムセール
  • メリット8 :Amazon ファミリー
  • メリット9 :Prime Reeding
  • メリット10 :バーチャルダッシュ
  • メリット11 :Amazonパントリー
  • メリット12 :Amazonフレッシュ
  • メリット13 :プライムワードローブ
  • メリット14 :Prime Pets

プライム会員になると、これだけの特典がついてきて、しかも月額325円!

どう考えてもお得としか思えないです。

むしろ配送特典や映画、ドラマ、アニメの見放題、本や漫画などの読み放題、音楽の聴き放題を考えると入らない方が損している場合もありえます。

そして、デメリットはというと、

  • デメリット1 : Amazonを利用しない人には必要ない
  • デメリット2 :たくさんサービスはあるが全ては使わない
  • デメリット3 :無料期間後は自動で契約される

になりますが、本当にプライム会員が必要ない人は、Amazonを全くもって使わないという人ぐらいだと思います。

今までAmazonを使ったことなかった人も、無料で試せる期間がありますので、この機会にAmazonを試してみて便利なのかお得なのかどうか判断するのありです。

無料お試し期間中にやめれば、料金もかからないので安心して、試すことができます。